岩手県は部活動強制加入(強制収容所)

岩手の中学生はみんな部活(全員強制参加)に入っている。その実態は部活という名のカースト制度がありいじめの温床になっている強制収容所である。体よりも部活。命よりも部活。僕が入っていた卓球部ではトイレで血を吐きながら卓球を続ける同級生の姿があった。でもかんばってやっていた。なぜなら休んだらその日から村八分がはじまるだからだ。違う部活の人が救急車で運ばれようと、むりくりつれてきて部活をやらせる。救急車で運ばれたということは部活を休む理由にならないと言われながら無理くりやらされる。断ったら体罰である。現に岩手県では、教員が金属バッドで生徒をぶん殴る事件も起きている。村松亮さんも学校生活でのいじめ&部活内でのいじめもあったと思われる。矢巾北中では前にも自殺が起きている。しかも、岩手県は狭いので人口が130万人ほどしかない。そのため加害者の親が有力者である可能性が非常にたかい。そのためどんどん部活は陰湿になっていく。僕の友達も足を骨折しているのに試合に出ろと言われた人もいる。もちろん骨折しているってわかっているのに。下記の所に問い合わせても無視される。それが岩手県である。

www.pref.iwate.jp

これから子供と一緒に地方に移住する人も増えているが少なくとも岩手には来るな。せめて住むなら宮城県だろう。岩手に来たら最後、地獄を見ることになる。(もちろん岩手にもいい人もいる)しかし、割合比率がおかしい。東京は賑やかな歌舞伎町やビルが立ち並ぶ六本木などの他その他様々な町で構成されている。しかし岩手はおかしい。例えるならば足立区、大阪の界や和泉、福岡市を圧縮したような感じだ。町がせまい。これを見ている共感してくれるひとは岩手には

絶対に来るな。

それでは